不正咬合の症例集 反対咬合

反対咬合(受け口)

咬み合わせた時に、下の前歯が上の前歯よりも前に出ているものを言います。成長過程の早期なら、短期間で治ります。将来の顔立ちにも大きく影響するので、ご家族の方は注意しておいて上げた方がよいでしょう。

また、成長期に放置すると難しい症例へと進行してしまいます。そうなった場合、外科的に下顎の骨を切断しなければならない場合がありますので、早期に治療を開始することを、お勧めします。

症例1 治療開始:10才 期間:2ヶ月

予防矯正症例

典型的な反対咬合です。このままだと前歯で食べ物が咬み切れません。歯の裏から装置で歯を押して誘導しました。早期に不正咬合へ気が付いたため、2ヶ月で治りました。早めにチェックをすることが、大きな負担の軽減につながる良い例です。

症例2 治療開始:10才 期間:2年

予防矯正症例

反対咬合は、以前から気にしていたということですが、ほとんど永久歯が生えそろった時点で治療を開始しました。歯の裏から装置で上前歯を押しましたが、気が付くのが遅かったために、若干時間がかかりましたが、今ではしっかりと前歯でかみ切れるようになりました。

あなたのお子さんは治療が必要?
まずは、お気軽にご相談下さい!

神奈川県川崎区・大田区で「お子様の歯並びが少し気になる」「自分の子供は大丈夫なのか心配」という方は、お気軽にご相談下さい。
見た目では矯正治療が必要かどうか分からないケースも多々あります。

早期に治療の必要性を発見するためにも、早めのご相談をおすすめしています。

当院では、予防矯正だけでなく、矯正専門医によるワイヤーを使用した通常の矯正治療も行っております。
お口の中の状態や骨格、歯の生え方によっても適切な治療方法は異なりますので、
その子に合わせた治療方法をお伝えさせて頂きます。相談のみでのご予約も可能です。

お子様の将来にも関わる大切な問題ですので、当院でご相談させていただいたあとも、
家族でじっくり検討をされてから治療をするかどうかを決めて頂けますので、安心して、お気軽にご相談下さい。

無料メール相談はこちら

ページトップへ